サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと
著:依空 まつり
イラスト:藤実 なんな
出版:カドカワBOOKS
   512aduAzT9S
アマゾンのあらすじより
〈沈黙の魔女〉モニカ・エヴァレット。無詠唱魔術を使える世界唯一の魔術師で、伝説の黒竜を一人で退けた若き英雄。
 だがその本性は――超がつく人見知り!? 無詠唱魔術を練習したのも人前で喋らなくて良いようにするためだった。
 才能に無自覚なまま“七賢人”に選ばれてしまったモニカは、第二王子を護衛する極秘任務を押しつけられ……?
 気弱で臆病だけど最強。引きこもり天才魔女が正体を隠し、王子に迫る悪をこっそり裁く痛快ファンタジー!


即重版で非常に評判が高かった作品なのと、私の好きなファンタジー・最強なのに人見知りのギャップ・素敵なイラストと好きな要素が満載だったので期待値MAXで読みました。いやーとっても面白かったです。話題になるのは当然ですね。

女性主人公のモニカは最強クラスの魔術師です。でも極度の人見知りで人前でまともにしゃべれないんです。だから無詠唱魔法を極めたってぶっ飛びキャラなんですよ。優秀なのに誰かに会いたくないから大好きな数字と計算や書類仕事に没頭というか、なにかしか理由をつけて1人でいようとする主人公です。

そんな人見知りに王侯貴族が通う学園へと、潜入する無慈悲なミッションが下されるんです。目立たないよう誰かから話しかけられないようにとコッソリ行動(当人基準)するわけなんですけど、目立たないわけがなくコミカルな展開になっていくのがとても楽しかったです。
その上で世界観や背景はキッチリされていて、魔法の仕組みや貴族・学園の仕組みなどを読み進めるにつれて自然に頭にはいってきます。ハイクオリティなファンタジーでした。

他に目を引いたのは、イラストの使い方です。最初にあるカラー口絵は書き込まれた美麗なイラストです。モニカが書類の場所を変えるのに魔法を使うシーンなんですけど、魔法と技術の無駄遣いをしてモニカの規格外っぷりがとても伝わったイラストです。それに対して挿絵はマンガやゲームみたいな描写が取り入れられています。主要キャラはイラスト内に名前が添えられていて分かりやすいですね。生徒会で5人登場するあたりも挿絵のおかげで、誰が誰か分かりやすかったです。
そしてもっとも見てもらいたいイラストは、要所にある魔法シーンです。10-11ページの見開きでモニカが魔法を使うシーンがあるんですけど、これぞファンタジーって幻想さとマンガ的なコマ割りがあわさって最高でした。序盤でこの作品に心をつかまれてしました。

くせ者だらけの生徒会に囲まれてモニカがどうなっていくか、続きが非常に楽しみです。王子様の動向が気になってしかたありません。問答無用で面白い作品でオススメです!